RSS
Admin
Archives

はりきゅう 瑞徳院

京都市の鍼灸治療院 瑞徳院 です

プロフィール

はりきゅう瑞徳院  ずいとくいん

はりきゅう瑞徳院  ずいとくいん
東洋医学の鍼灸治療
健康相談、無料
ご予約 090-6553-1878
メール zuitokuin@yahoo.co.jp

カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09
14
20:50

ご質問、ありがとうございます。
そして、返答が遅れまして、申し訳ありません。

9月6日の、症状に対し、
≪ どう気を付ければ良いか? ≫

以前、ここで紹介しました、6月23日号、7月3日号を参考にしていただきたく、と共に、簡単に補足をしましょう。

「就寝中に起きてしまう」、「動悸」、「寝つきが悪い」、などの症状は、東洋医学では、
【 心臓が、悪さをしている原因から影響を受けている 】 
と解釈できます。

この悪さをしている原因は、大きく3種類。
① ストレス
② 気候(風邪)
③ 冷え

各々、原因は異なりますが、日常の対処方法は、ほぼ同じです。
A 休憩
B 食事
    腹八分、酒や油脂をひかえる、お腹を空かす など
C 乾布摩擦
D 就寝前に足を風呂やシャワーで温める
E 適度な運動

この中で特に重要なのは、Bの食事関係です。
胃腸にゆとりをもたし、不良代謝物をどんどん排出させることは、新陳代謝をうながすことになります。
結果、熱中症や風邪、ストレスから身体を守ることになり、元気な身体を保つことにつながります。

どうぞ、実践してください。

追伸
症状や、原因、それらに関するアレコレも書いていたのですが、あまりに長くなるため、次回以降に追記したいと思います。



Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。