RSS
Admin
Archives

はりきゅう 瑞徳院

京都市の鍼灸治療院 瑞徳院 です

プロフィール

はりきゅう瑞徳院  ずいとくいん

はりきゅう瑞徳院  ずいとくいん
東洋医学の鍼灸治療
健康相談、無料
ご予約 090-6553-1878
メール zuitokuin@yahoo.co.jp

カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10
19
00:28

C型肝炎を患って約10年になります。
平成17年に最新の治療を受けましたが、ウィルスは消えず、今は強ミノ(強力ネオミノファーゲンシーシリンジ)とウルソという薬でしのいでいます。
先日友人より、「良い鍼灸があるよ」と勧められ、すぐにお願いしました。

初回の帰り道では、元気な時ってこの体調だったと思い出し、とても嬉しく思いました。
まだ6回目ですが、友人も息子も、「最近顔色が良くなったね。前はねずみ色のようだったけど。」と言ってくれます。

痛いところに刺す鍼ではなく、脈をみながら1本1本効くツボに鍼をして頂くのは初めてですが、疑問点に1つ1つ答えてくださり、納得して治療して頂いています。
今後も楽しみにしています。


貴重な体験談、ありがとうございます。
今後とも、一緒にがんばっていきましょう

さて、C型肝炎について。
実際、非常につらい病気です。
慢性の場合、主な症状としては、全身の倦怠感(しんどい)、食欲不振、疲れ易い・・・などです。
体調の悪い日は、「しんどい・・・」というより、「動けない・・・」という感じで、日常生活にも支障をきたします。

このC型肝炎を東洋医学の側面でみたら、どうなるでしょう
乞うご期待
PS.カテゴリ【気まま雑記帳】の【食について】を、少し読み返しといて下さい。


予約受付
電話 090-6553-1878
メール zuitokuin@yahoo.co.jp
    ※メールでの予約の場合、件名に『予約 名前』を書いて下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。